2012年05月12日

温故翔新展に向けて

今月19日より、2回目の「温故翔新」展が始まります。
それに向けて準備を進めている真っ最中です。
今回のメインは次の3点。

今回の展示会では「心酔」をテーマにした作品を展示するという条件付き。
心酔とは「ある物事に心を奪われ夢中になること、ある人を心から慕い尊敬すること」
これを自分らしいキャビネットで表現してみます。
自分でもかなり冒険していると思う作品ですので、楽しみにしてください。

そしてもう一つ、築150年という和の空間であることを意識して、
和と洋の折衷を企図したキャビネットも登場します。
これまでにない試みで、ZEROSSOの新しいシリーズにしていこうと考えているものです。

そして最後にZEROSSOの顔ともいうべきキャビネット「LADY」
これが和の空間でどのような表情を見せてくれるか楽しみです。

この3点、ZEROSSOのメインブランド「HIKIDASHI」を意識した作品です。
賛否両論あるような家具だと思いますので、来場者のコメントを今から楽しみにしています。

これらの家具とは別にもう一つ。
贈り物のブランド「OMUSUBI」の作品たちをまとめて出品予定です。

今回の展示会では、新しいチャレンジにあふれています。
さあ、今日も準備をはりきっていきます!

今日は「温故翔新」展に向けてという内容でした。

posted by YASUSHI at 05:42| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

甲府ジュエリーフェア終了です

3日間にわたって行われた甲府ジュエリーフェアが終了いたしました。
3日目は信玄公祭りの一環として、「大宝飾祭」という形で一般開放されていました。我々のブースも、一般消費者向けに、商品構成をがらりと変えていました。

これまでのインテリア関連の展示会とは趣が異なるもので、大変刺激的な3日間でした。
警備の人も多くて、緊迫感がありましたし、各社の人の雰囲気もインテリア関係の方とはちょっと違う感じでした。ZEROSSOの家具は充分に役目を果たしたようで、カザ様も満足されていましたので、私としても満足です。家具とジュエリーの可能性も見えてきて、次につながる良い経験となったことは間違いありません。
さて、この経験がどのように展開していくのか、これからのZEROSSOに自分も楽しみです。

甲府ジュエリーフェア3日間のまとめのお話でした。


posted by YASUSHI at 05:28| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

甲府ジュエリーフェアが始まりました

初日の甲府ジュエリーフェアを見学してきました。
ジュエリーが展示された我々のブースは、周囲とは明らかに違う雰囲気を醸し出していました。
天板をすべて覆うということだったので、家具の印象はだいぶ薄くなると思っていました。
しかし、存在感はそのままに、ジュエリーをしっかり盛り立てていて、一安心。
良いお手伝いができたと思いました。社長もとても喜んでくださいました。
新しい一歩になりそうです。
CIMG3559.JPG

CIMG3555.JPG


ジュエリーの展示会は華やかな世界ですね。家具とは趣が異なりました。
警備員の配置も緊張感が漂っていました。
何か自分のできそうなことがあるという予感がしました。

ジュエリーショップや、ショールームなど、洗練された家具を置いてみたい方は是非ご相談ください。
魅力を引きだすお手伝いができるかもしれません。


posted by YASUSHI at 18:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする