2017年10月08日

偲ぶ時間、スタートしました!!!

6名の作家による仏壇・仏具のテーマ展、
「偲ぶ時間 向き合うための仏壇・仏具」、始まりました。

今回のジャンルは木、石、陶、ガラス。
それぞれの素材の個性が際立ち、とても面白味のある会場になっています。
それぞれの作家について、今日から連載でお伝え致します!

トップバッターは(有)伊藤石材工業代表の伊藤和智さん。
素材は「石」。
サラリーマン時代を経て、家業の石屋を継いで現在に至ります。
お墓に関することなど供養全般にわたり事業展開されています。

今回の展示会は、日常業務として供養に関わっている伊藤さんが参加されていることが、
大きなポイントと考えています。仏壇や仏具に関する意味やあり方など、
色々とお話頂くことで、作家たちの創作の軸となってくれています。

出品作品は、祈りの石、御香立て、小さな仏様など。
磨いた石や、自然な風合いを活かしたものなど、どれもとても優しい印象のものばかり。
石という素材と展示会をご一緒するのは初めてですが、
思っていた以上に他の素材との相性も良くて、とても魅かれます。
多くの方に素敵な石の作品を、是非ご覧頂きたいと思います。

明日は、伊藤和智さんの奥様、伊藤やよいさんをご紹介致します。

会場5.JPG

会場6.JPG
posted by YASUSHI at 05:18| Comment(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: