2016年05月04日

白い椅子

定番で作っているチェアの一つ。
デザインはそのままでアンティークな仕上げにしてほしいとのこと。
調べてみると、クラックを入れる技法など、
アンティーク塗装でもかなりいろいろできる。
「よく見かけるああういうもモノはこの塗装で作るのか」
など発見もいろいろあった。
最終的には木目をつぶすのはもったいないので、
ホワイト系のオイルで脚部を塗装、座面と背は通常の仕上げ、
に落ち着いて完成した。

「おー、白もイイじゃないの!」
というのが自分の最初の印象。
写真だとわかりにくいが、木目もはっきりと出ているので、
優しい感じがする。
座面と背とのコントラストも効いている。
当たり前だけど、仕上げ方法で、いつものデザインも印象が変わる。

自分の発想では実現しないイスが誕生した。
いつもお客様の声から、自分の抽斗が増えていくのだ。
本当にありがたいことである!

04.jpg 01.jpg
02.jpg 03.jpg

本日は白い椅子のお話でした。
posted by YASUSHI at 05:37| Comment(0) | 納品事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: