2012年01月11日

「引き出し」への思い

「引き出し」ならZEROSSO。
このように称されるのが一つの夢です。
来月から工房YASUSHIは「ZEROSSO」としてスタートします。

それは私が「引き出し」に特別な思いを持っているから。
その原点は小学生の時。

私は小学生のころ、色々なものを作ることを楽しんでいました。
様々なガラクタを集めては、机の引き出しに大切に仕舞っていました。
何か作ろうと思うとき、机の引き出しを開けると、そこにはたくさんの材料が並んでいます。

そこはアイデアを引き出す魔法の箱であり、新しい何かを生み出す宝の箱でした。
その引き出しを引くときに感じたワクワクした感じを今でも覚えています。

CIMG3404.jpg


そして家具を作るようになってある時期に、その時の感情が蘇ってきました。
あの時、自分が感じたワクワク感を自分が作る家具で感じてもらえたらいいな。

これがきっかけとなり、いつもこの思いで家具を作るようになりました。
大切なものを、大切に仕舞っておく。
そのお手伝いが出来ればと思っています。

機能性はもちろん、箱としても美しいもの。
とっておきの何かを入れるためのもの。
何を入れようか、と考えることが楽しくなるようなもの。

ZEROSSOの家具作りの軸です。


【関連する記事】
posted by YASUSHI at 13:05| Comment(1) | 家具作りへの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZEROSSO!情熱的ですね!
機能的に時代が進む一方で、やはりワクワク感や楽しいということは忘れちゃいけませんね!楽しみにしております^ ^
Posted by モリカズキ at 2012年01月15日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: