2017年10月04日

「偲ぶ時間展」、今週末より始まります!

昨今、お墓やお仏壇など供養全体に対する考え方やスタイルが変わってきており、
現代の暮らし方に合った供養の形が求められていると感じております。
私の家具展でも、お仏壇に対する関心は年々高まっていると感じております。

そこで、モノ創りに関わる現代作家の感性で提案する仏壇仏具が一つの選択肢に繋がると考え、
日常業務の中でお客様の供養に対しての考え方に触れる機会の多い、
終活カウンセラーでもある(有)伊藤石材工業の伊藤夫妻にご相談して企画立案し、
この思いに共感した作家に参加してもらい展示会の開催となりました。

本展示会は、モノづくりに携わる作家が仏壇仏具の本来の意味や意義などを踏まえた上で、
現代の暮らしに合うものを提案する、という点が新しい切り口になっております。
また、本テーマでの展示会は今回限りのものではなく、
継続的な実施も視野に入れた企画として考えております。

また、会期中の11日には、伊藤ご夫妻による特別講演が開催されます。
仏壇や仏具の意味や考え方、正しい選び方についてお話頂けます。
また、作家による対談も予定しており、今回の展示会に向けての思い等をお話する予定です。

大切な人を偲ぶ時間、心を落ち着かせるための拠り所として大切な役割を持つ仏壇・仏具。
本展示会がそれを考えるきっかけとなり、我々の作品がお役に立てれば幸いです。

名称:偲ぶ時間展 向き合うための仏壇・仏具
会期:10月7日(土)〜15日(日)、11:00〜17:00、会期中無休
メンバー:伊藤和智(石)、斎藤ゆう(ガラス)、広沢葉子(ガラス)、
     森下真吾(陶)、伊藤やよい(供養の相談員)、清水泰(木)
会場:詩游館ギャラリー
   〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸5493-5
   ロッジ詩游館内 0551-20-5638(宍戸)

特別講演
名称:「お墓や仏具は誰のもの?石屋の若おかみと考えるやすらぎの仏具選び」
日時・場所:10月11日(水)、13:30〜15:00、詩游館ホール(無料)

展示会に関する問い合わせは、清水まで(090-6102-6656)

偲ぶDM最終原稿01画像.jpg


posted by YASUSHI at 05:17| Comment(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする